ヨモギくん正式譲渡になりました


2月11日の夜に公園で捨てられていたところをショコラくんとともに保護されたヨモギくん。
まだまだ小さな仔うさぎでした。発見された当初はヨモギくんは生後1ヶ月くらいじゃないかと思われるほど小さく、逆にショコラくんはおとなうさぎだと思われる体格でした。
親子なのかな?と思いながらSNSなどに投稿したところ「うちの子です」とのコメントが。
スタッフ一同「???」
どう見ても逃げ出したとかではなく、捨てられていたという状況で現れた飼い主と名乗り出てきた人。
なんなんだろうとやり取りをしてみたところ、自家繁殖をさせた仔うさぎを里子に出したとのこと。
どうやら里親に捨てられたようです。
でも、里親なら捨てた人がわかるだろうと思いきや、駅での手渡しで相手の素性がわからないとのこと。
こんなことがあるんだと本当に驚きました。
いつもリスクが高すぎる繁殖はやめてほしいと訴えている私たちにとって、このようなことがおきてしまうと本当に憤りよりも悲しさのほうが強くなります。
さらに里親に捨てられるって。
LOVE & PEACEでは里親希望をいただいてから細かく面倒なくらい慎重にやりとりをさせていただきますので、嫌がる方も正直多いと思います。お断りさせていただくことも多く、逆恨みされることも幾度となくあります。
でも、それは大切な命を守り育み、そして家族みんなで幸せになっていただきたいという思いから行っていることなのです。
実際、蔑ろにされ奪われた命があるため、本当に慎重にお話をさせていただき、こうしてほしい、ああしてほしいという要望も出させていただきます。
せっかくお迎えしたいと申し出て下さった方には申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが「うさぎが好き」というお気持ちと「幸せにする」ということはイコールではなく、嫌な思いをさせてしまう方もどうしても出てしまいます。
私達はペットショップではありませんので迎えたいと言われてもすぐにどうぞとは言えないのです。命を迎えるにあたって真摯に向き合い、ともにお迎えする子を幸せにしていこうという思いを共有できた里親さんに託すことを第一に考えています。
だからこそ。
ショコラくんやヨモギくんが捨てられた経緯を知ってショックも受けました。
自家繁殖をして安易に里子に出した方ともお話をさせていただきました。自家繁殖を繰り返し里親に出されているため、飼い主に返すには同じことの繰り返しになる可能性もある。本当に幸せにして下さる里親さんへバトンをつなぐ役割を私達に託していただけるよう話し合いをしました。今後は2度と不幸な命を産み増やさないようにしていただければと強く願っています。

保護されたショコラくんとヨモギくんには罪はありませんから。
そんなことがあって保護生活をしていたヨモギくんにお迎えのご希望をいただきました。
里親さんはうさぎを育てる初心者の方でした。娘さんがうさ飼いさんで、その影響を受けてお迎えしたいと考えられたようです。
お見合いを経てトライアルに入り、先日正式譲渡の手続きをするためにヨモギくん宅へとお邪魔しました。

久しぶりに会ったヨモギくんはなんか細くシュッとした感じの体型になっていました。
どっちかというと丸みを帯びたちびっ子だったのですが、少し大人への階段を登り始めていたのでしょうか?
実際のところはたぶん自由に遊べる時間も多くなって、他の子達との共同生活で生じるストレスもなくなってスッキリしたのかな?とも感じます。

ママさんとお話をしている最中もあっちこっちで遊んでいました。
ママさんもまだうさぎと暮らすのは初心者ということもあり、食餌面や環境面など少しアドバイスなどもさせて頂きました。
まだ幼いヨモギくんですから、本当にうさぎとして快適な環境を作り、うさぎとして毎日を楽しく元気に過ごしていけるよう願ってやみません。
そんな暮らしをしていってもらうために、ヨモギくんのママとともに私たちも勉強し、これからもヨモギくんのサポートをできればと思っています。

優しい家族ができたヨモギくん。
ずっとずっと幸せに。
応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました。
Sakagami

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ