SAVE THE RABBITS(アドレス変わりました)
オビくん正式譲渡です。 
2017.06.01 Thu 14:30
自傷行為の件で皆様からとても心配をしていただいていたオビくんの正式譲渡に先日行ってきました。

IMG_2829.jpg
トライアルに行った二日後には夜中に「お腹痛」を起こし軽度なうっ滞と言われるものだとは思うのですが早々に病院にも行ってくださることとなり本当に環境の変化に敏感なうさぎだということが再確認。うさぎ部屋で保護した際も二日目ほどに同じような症状になっていたり去勢手術あとの入院後の自傷など心配がつきないうさぎさんです。

ただ環境に馴染むのはとても早いなと思わせるタイプの子ですのでついつい「大丈夫そう!」と人間側は思ってしがいがちです。よくおでかけをして「意外と大丈夫だった〜」なんて聞いたりしますが実は強がりなだけの負担がかかっている場合もあるのでは?なんて思ったりも。

IMG_2824.jpg

お邪魔した時もすぐに近寄ってきてくれて「誰だっけ?」みたいなかんじでしょうか。
攻撃的な雰囲気はまったくありませんでしたが「ぼくの縄張りに誰?」という気もしました。

IMG_2849.jpg
すごいドヤ顏してる(笑)1ヶ月ぶりに会うオビくんもとってもスラリとしていてパンパンだった保護当時に比べて本当にスリムになりました。約400グラム以上は体重が落ち、本来のオビくんの姿なのでしょうか。体重は現在1.6kgということでした。自傷行為も全くなくなり傷口も綺麗になったそうで、もう少しで毛も綺麗に生え変わるかんじかな。
見た目はまったく分からなくなりました!

IMG_2862.jpg
行けるところはどこまでも、縄張りを広げるオビくんです。廊下もクッションフロアになるそうなので、さらに走りやすくなりそうです!

おじゃましていた間もず〜〜と走り続け、あっちこっち行ったり、いたずらしたり、段差に登ってみたり。でも里親さんが呼ぶとかけよってきたり。本当に!よく人を見るのは変わっておらずワガママの度合いもパワーアップしていて(笑)「自分をちゃんと見ていてくれている」という安心感の元で遊んでいると思いました。前は見ていてほしいアピールでのイライラし「フー!」と怒る、足ダンがとてつもなく酷い、など気をひくことばかりしていましたが・・・なので落ち着いて遊んでいる。そういった感想です。

オビくんはとても賢いうさぎだということや里親さんが今までの事情などを考慮してくださり
オビくんの新しいお名前は オビくん そのままになりました


よかったよかった!という正式譲渡から二日後。オビくんはまたお腹痛になり病院へ。
里親さんのおうちからは少し遠い大阪の病院まで来てもらうことになりました。

IMG_2912のコピー

オビくんは小腸閉塞になり、即入院そして数時間後には手術をしないといけないほどでした。

IMG_2901.jpg
術後のオビくん。酸素室に入っています。手術の詳しい内容は長くなるので控えますがお腹を切ったので二泊三日の入院生活をしました。腸閉塞は術後に亡くなってしまううさぎさんも多くいます。特にオビくんのように環境の変化や痛みに弱いうさぎさんはショック死してしまうことも多いに考えられることです。

IMG_2966.jpg
そして昨日無事に退院が決まり私もまた病院へ行って来ました。入院生活や手術自体にも、とても体力を消耗したと思いますがとても元気な姿を見れる事ができて本当によかったです!

オビくんと暮らし始めてまだ1ヶ月と少しの里親さん。
迷いもなく最善の医療を受けさせてくださり本当に感謝しています。

手術費用は軽く10万は超えてしまいます。
どうぶつを飼うということは突然このような費用が必要になってくる場合があります。
本当に安易に飼うなんてできない、どうぶつを飼うのは飼い主もそれらを覚悟しておく必要があるんだなと思います。当たり前のことなんですけどね。

オビくんは現在は自宅で療養中ですが、元気な姿での正式譲渡のご報告ができてよかったです。

オビくん、おめでとう。末長く元気に楽しく暮らしてね。