ポルちゃん、自力で。

_DSC0808.jpg
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ポルちゃんは数日前から体調を崩していました腕の巨大な腫瘍をかかえながらも嫌なことは力強く抵抗し、痴呆があるのかと思うほどごはんを出すと勢いよくかけよりがっつく・・というような子です。あと目が見えてない(もしくは見えにくい)のか、距離感を掴めていないかのようなかけより方でしたが・・・(お皿に激突しそうなほど)

ここ数日は食欲停滞が続きました
まず初めに・・牧草を食べてる?と気になり始めました。その次にペレット食べずトッピング(乾燥したキャベツやニンジン、葛の葉などの野草)だけしか食べずペレットは減っていない

そして園長から連絡がありました。昨夜から何も食べていないので病院に行くと

私もそれを聞いてすぐに病院に向かいました

病院につくと、キャリーに入ったサンチュを食べたと聞いて一安心
診察の結果も胃の張りもなく、歯も特に気にするレベルでもない

お薬の中に食欲増進のお薬も入っていますがお薬の内容が少し変わっていたので、それが原因もあるかもしれない・・とのことで結局処方されたばかりのお薬を再度処方し直してもらうことになりました

_DSC0811.jpg

それから帰宅後、すみっこで丸まっていたり、脱力しきったように伸びているポルちゃん(リラックスとはまた少し違った風)生のりんごも食べず

_DSC0816_201510211050366ee.jpg
軽い素材のフリースなどをかけてやると、落ち着く風で力を抜いてくれました。手を添えてるだけで安心しているというのが伝わります。ナデナデも大好きなコだけど、無理に撫でず軽く手を添えたりするだけにしていました。
シリンジで電解質水を飲ませると沢山飲んでくれたのでお薬を混ぜて飲ませ少し安心

次の日も変わらずで強制給仕が始まりました

_DSC0815.jpg
強制給仕をしてから、お薬の効果もあってか少しずつ力を取り戻し自力で生チモシーを食べるようになりました。横になっているところに置いてやると寝ながら食べていることもありますそして昨夜や頂いた生ハーブや「イタリアンとティモシー(ヤング)」を食べました。調子を崩して初めて乾燥の牧草を食べました。そして夜はペレットも少しずつ食べるようになりました

高齢ということもあり、私たちが目に見えないところで病んでいるとこもあるかもしれない、身体の節々が痛いのかもしれない。腫瘍のせいか、荒れた目の周りで炎症している顔が痛いのかもしれない・・・

ずっと気は抜けないけど、ここ数日の不調は乗り越えてくれたかな・・と思います。自力て食べるところを見ると一生懸命生きようとする姿に「本当に頑張っている」と感じます

今回、文章は不調の報告となりましたが、写真は全て昨日撮った調子がよくなり始めてるポルちゃんです

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ