新規 ロップイヤー3匹(ブルーアイドホワイト)を保護しました。

現在トライアル中のオビくん、ヨモギくんが続き14匹となったうさぎ部屋でしたが新たに3匹が増え現在17匹の保護うさぎが暮らしています・・・。昨年の終わりほどからステイシーちゃん、シュガーちゃん、こたちゃんと古株チームが続々と卒業し、決して決まらないわけではないのですが次から次へと新しいうさぎが続くのもあって、結果的に数は増加中です。

先日、SNSでは保護したことをチラッとお知らせしておりましたが土曜日に3匹を連れて病院へ行き、メディカルチェックを受けて参りましたので改めて新規の子たちについてご報告です。



ここ最近ひどく多い「多頭飼育崩壊」パターンでの引き取りです。
今回崩壊した現場では猫、うさぎが台湾マッサージのお店で飼われておりました。だいたいマッサージ屋さんで動物を飼っているということも不思議で仕方ないのですが、外国の方です(台湾人?)

S__72400924.jpg
猫の方の数は把握しておりませんが、猫は猫のボランティアさんが引き取りをしてくださりました。今回はいつもお世話になっている猫ボランティアさんの方から「猫のほかにうさぎもいる」とお声がかかり言って参りました。

S__72400923.jpg
猫の方はベビーが生まれていて、うさぎは8匹いたそうですが私たちが行った時には白ロップの3匹だけが残っていました。どなたに引き取ってもらったのかも不明ですがほかの人5匹は引き取られたそうです。
どこでどうしているかは分かりませんが・・・幸せに暮らしていると思いたいところです。

この3匹はこちらのマッサージ店の近隣にあるペットショップで購入したとのことで恐らく兄妹。
こちらのお店は猫のボランティアさんが行政の方に連絡をしてくださったので、近日にも視察に入っていただくことが決まっています。保護した白ロップの3匹は生後2ヶ月〜3ヶ月ほどの仔ウサギで一度にたくさんの数を売り、そして短期間で崩壊してしまうような方に売るという何とも無責任な話ですのでそういった指導に入ってもらうことになっておりますが、だからって今後そのペットショップがどのように改善していくかはわかりません。。

S__72015876.jpg

うさぎたちはザク切にされたキャベツを食べていました。フードは先日SNSでうさぎに適してない(言ってしまいました)ミックスフードを与えていました。牧草は主食と当たり前になっている時代だと思っていますが、うさぎに牧草をあげていない人はまだまだ多くいるそうで、この子たちも食べたことはないそうです。

牧草を食べたことがないといえば、譲渡したこたちゃん(現 萌萌ちゃん)もそのひとりでした。
この子たちはまだ仔ウサギだということが幸いしたのか現在3匹とも牧草は食べています。
結局こたちゃんは牧草は食べることはありませんでしたが・・・・


この子たちは保護されなければどこへ行っていたのでしょうか。
また保護されて命がつながり、良かった良かった。で終わりでしょうか。

問題はここから、ですよね。



こちらの3匹写真で見るより思いっきり小さいです。
IMG_2650.jpg
保護した当日↑

IMG_2655.jpg

でも人間が抱っこすると比較されるので分かりやすいかと思いますが、、

IMG_2659.jpg
Sakagamiさんが抱きかかえた時です。

IMG_2660.jpg
この子が一番小さい子です。

IMG_2772.jpg
こちらは別の子ですがいつも爪切りやグルーミングをしてくださる方に抱きかかえられた時の大きさです。
わかるかな・・

IMG_2732.jpg

それでは紹介していきます。

↑仮名 しらたま くん (睾丸うっすら見えてるぐらいで下りてきてないほど)
体重 540グラム


IMG_2740.jpg
↑仮名 わたあめ ちゃん 女の子
体重 760グラム


IMG_2743.jpg
↑仮名 ほいっぷ ちゃん 女の子
体重 920グラム

ホーランドロップではないと思いますので将来の体の大きさは未知ですが足や耳の大きさからしても、そこまで大きくならないかなと思っていますが大きさの定義が人それぞれなのでそこは「将来の大きさはわかりませんよ」という具合ですね。里親を希望する方も仔うさぎで可愛い!という思いがあると思いますがその辺りのこともご了承願いますようお願いします。

3匹ともに、ノミダニはいませんでした。
門歯・臼歯共に異常なし、
よく食べている(触診)
耳の中も綺麗。
外傷もありません。

ただ女の子2匹に比べ男の子の「しらたまくん」だけとても小柄で弱々しいところがあります。親といる期間が恐らくとても短かった3匹たちですし、母親からの母乳や兄妹だけになった時もあまり食事を摂れなかった可能性があります。まだ保護して間もないですしこれからも少し心配なところはありますが、今はとにかくよく食べて育ってほしいと思っています。女の子たちはとってもよく食べていて元気一杯ですよ!

長くなってしまったので、それぞれのうさぎの詳細はまた後日〜


今回のような保護うさぎについても含めて、6月4日のうさぎ革命は保護うさぎについてのお勉強会です。
アドバイザーのリバティの藤田さんも紹介の記事を掲載していただいていますので、お話いただく概要などをぜひごらんくださいませ  一般社団法人リバティ(うさぎsummitブログ)

勉強会一部は申し込み制です。応募はコチラ



にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ



【里親希望の方(譲渡条件)】http://savetherabbits.jimdo.com/里親希望の方/
【お問い合わせ】http://savetherabbits.jimdo.com/お問い合わせ/



Theme: うさぎ | Genre: ペット

新しい保護うさぎライオン系の男の子

S__68239363.jpg

2月28日、兵庫県にある動物園内で捨てられていたといううさぎを行政機関より引き取りました。
他に引き取っていただく団体を探していたそうですが、最終的にSAVE THE RABBITSで引き取ることになりました。保護されたのは2月の初めか半ば頃だと思います。この子は引き取りが見つからないと殺処分という運命でした。

公園に置いて行ったり、動物病院の前など人目につくところに捨てていくというのは「誰かに見つけてもらって育てていって欲しい」ということなのでしょうか。どうしても一緒に暮らせなくなった場合は「捨てる」なんてゴミじゃないんですから。ちゃんと他の方にバトンタッチできるよう一生懸命動いてもらいたいです。



うさぎ革命の数日前ということもあって急きょパネルなどを作りましたがまだ病院にも行っておらず詳しいことも分からない状態でした。先日はーちゃんとシャルくんと一緒に健康チェックをしてきました。ライオン系ということでたてがみやあご周りの毛が少し長く顔が大きくみえるということと60サイズのケージで過ごしているせいか「とても大きく見える、何ならシャルくんより大きく見える!」と思っていましたが太っているわけでは決してありません。体重は2kgで”思ったより重くなかった”というところでした。




爪を切ってもらいましたが、まだ若いうさぎで生後半年いくかいかないかくらいかな?という年齢です。あくまでも推定になりますが。。。体の割に爪は細くとがっていました。一度も切ったことがない子どもの爪です。




性別は男の子です。ものすごく人懐っこいので人の家で暮らしていたと思われます。
保護当時は首のあたりがハゲていたので他のうさぎに毟られたのかストレスなのか分かりませんが、現在は毛が生えてきています。ダニなどもおりませんでしたし歯も綺麗で健康なうさぎでした。

まだまだ「お子ちゃま」で元気いっぱいのハローくんです。人慣れしているのですぐにおうちでも馴染めるタイプの子だと思います。


里親募集中
ハローくんの詳細

チャリティショップOPEN中

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ



【里親希望の方(譲渡条件)】http://savetherabbits.jimdo.com/里親希望の方/
【お問い合わせ】http://savetherabbits.jimdo.com/お問い合わせ/



Theme: 里親募集 | Genre: ペット

2016年9月生まれの女の子2匹、保護しました

11月の末に保護されたチェロちゃん

_DSC0521_20170113040317168.jpg

と、

_DSC0575_20170113040322503.jpg

ホルンちゃん。

2匹は姉妹です。生まれたのは9月24日。多数のうさぎが生まれ死んでいく中で育った2匹です。
生後2ヶ月で保護し、現在は3ヶ月を過ぎました。12月末に健康診断を受け共に女の子と判明。特に問題がなく健康な2匹です。

_DSC0509.jpg
SNSでは何度かアップしていた2匹なのですでにご存知の方も多いかと思いますが、こちらはチェロちゃん。


  
なぜかトイレと縁があるチェロちゃん(笑)


_DSC0626.jpg


こちらはホルンちゃん。よくわかっていないのか今のところ抱っこしてもよく分からず「きょとん」としています。
そのうち嫌がるようになっていくのだと思いますが・・

スクスクと成長記なので少し間があくと「大きくなった!」と目に見えてわかります。

保護当時は環境が変わってビクビクしていた二人ですが幼いのもあってか、性格なのかすぐに馴染んで人も怖がらず、撫でたりすることも出来ます。(よく分かってないだけかもしれません)

終生大切に幸せに暮らせるおうち、優しい里親さんを募集しています。よろしくお願いいたします。

詳細はホームページで
ホルンちゃん♀
チェロちゃん♀




にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ



【里親希望の方(譲渡条件)】http://savetherabbits.jimdo.com/里親希望の方/
【お問い合わせ】http://savetherabbits.jimdo.com/お問い合わせ/



Theme: 里親探し | Genre: ペット

庭に遺棄されていた子ウサギ

IMG_9575のコピー
11月1日に一般家庭の方が庭にうさぎがいることに気づきました。警察署に届け出て自宅でお世話をしながら、飼い主が名乗り出るのを待ちました。しかし一向に飼い主は現れず、警察署でも捨てられた可能性が高いとの判断をされ、保護主が飼い続けることはできないため行き場を失うことになりました。
保護主が病院に連れて行ってくれていましたが、その時の診断は「毛並みが悪い、目が悪そう、老うさぎ」というもので、SAVE THE RABBITSにて引き受けることになりました。
その後、別のうさぎに詳しい病院で診断を受けた結果が「栄養失調、低体温症、左目の角膜閉塞症」というもので、さらに老うさぎではなく生後3ヶ月~6ヶ月ということがわかりました。
保護された地域が遠方のため、同じ県内にお住いでお世話になっているうさぎを飼っている方に一時預かりをお願いし、現在はそちらのお宅でお世話をしていただいています。
IMG_9574.jpg
《遺棄されていたお庭の保護主さんのお宅にて》
先日、預かりさんのかかりつけ医に診ていただいた時の診察結果です。
体重 1.14kg (オス)
歯が幼い門歯ということで生後4~6ヵ月
目は保護当時(11月1日)はもう少し見えていたかもしれない、
結膜が黒目の部分まで覆ってしまっている状態。
現時点では膜は半分動いているので今手術をすれば半分くらいは視界が広がる。
時間の経過とともに状況が変わると思われ、2~3ヶ月もすれば角膜と癒着してしまうため、手術をするならば早くしたほうがよい。放置すれば目やにが出やすくなり、結膜炎になりやすく、失明してしまう可能性がある。点眼で治るものではない。
S__62636039.jpg
《現在預かりさんのお宅で療養中》
里親募集をしていくことを考えると、黒目が出てくることで見た目がよくなり、この子にとっても視界が広がって生活の負担が軽くなってくるし失明の心配もなくなります。
この診断をふまえ、スタッフでも話し合いましたが、早急に手術をしないとどんどん悪化してしまうような状況ですので、大阪に連れてきて一から検査等をするよりも、預かりさんの主治医のうさぎに詳しい先生に診ていただいているので、そちらの病院で手術をしてもらったほうが負担も少ないだろうとの意見でまとまりました。
S__62676997.jpg
保護主さん、預かりさん共におっしゃっているのはとても人懐こくて人も怖がらず愛嬌のある仔のようです。現在は栄養のある仔うさぎ用フードや野菜など色んなものを食べさせていただいています。
手術は11月29日に決定しました。12月半ばにSAVE THE RABBITS(大阪)に移動します。
仮名は預かりさんが「ダイヤ」と名付けてくれました。
仮名:ダイヤ
性別:オス
年齢:生後3−6ヶ月

ご支援のお願い
ダイヤくんは遠方で保護された子ですので、預かりさんと連携しながら手術をしていくことになりましたが、ご承知のように現在SAVE THE RABBITSには仔うさぎが多く、順次避妊去勢手術を施していることろです。さらに週末には新たに仔うさぎが3匹うさぎ部屋に来ることになっていて大変な状況になっていきます。
ダイヤくんは急を要する手術を受けますのでお金が工面できたら手術、というわけにもいきません。いつもご支援をいただいているのに本当に恐縮ですが、まだこれから幸せをつかんでいかなきゃいけない仔うさぎのダイヤくんのためにご支援いただけましたら幸いに存じます。
振込先
→ゆうちょ間での送金
★ゆうちょ銀行
《記号》14060
《番号》44904091
セイブザラビッツ
→ゆうちょ銀行以外からのお振込みの場合
★ゆうちょ銀行
《店名》四〇八(読み: ヨンゼロハチ)
《店番》418
《口座》普通 4490409
セイブザラビッツ
もしくはチームうさバカ口座でも受け付けています。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ



【里親希望の方(譲渡条件)】http://savetherabbits.jimdo.com/里親希望の方/
【お問い合わせ】http://savetherabbits.jimdo.com/お問い合わせ/



Theme: 里親募集 | Genre: ペット

【ハーモニカ♀】ミニウサギの女の子の里親募集中

IMG_5337.jpg


もう11月ですが、9月上旬に保護したウサギの女の子の紹介します。
仮名をハーモニカと言います。楽器のハーモニカの発音ではなく、ハリポタのハーマイオニーみたいな発音で呼んでくださると嬉しいです。と言いましてもすでにあだ名を「はーちゃん」といいスタッフ一同そう呼んでいるのですが(笑)もしかして・・と気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが9月の「うさぎ革命」の時に隅っこにいた「療養中」とタオルで覆ってた仔です。

S__62029845.jpg

ハーモニカちゃんは保護当時、目の周りや鼻の周りの皮膚が少し炎症していて軽いくしゃみをしていました。病院で診ていただいたところ「うさぎトレポネーマ症(うさぎ梅毒)ということが分かりケージ全てにタオルを覆い暗いケージの中で一ヶ月過ごしました。そんな環境で不安からかご飯の時間やお薬の時間になると嬉しそうに寄ってきたりシリンジも嫌がることなく、むしろもっとくれ!という具合で手のかかることなく投薬治療をしてきました。

S__62029851.jpg

お世話はうさぎ部屋の外でした。ソアホックも酷かったので部屋んぽなどの運動の時間はあまりなく孤独な一ヶ月間を過ごしたハーモニカちゃん。

S__62029853.jpg

環境も180度変化しましたがイライラしたりケージで暴れたりすることもなく本当に良い子です。そして症状がだいぶ落ち着き、他のみんなと同じ部屋で部屋んぽやタオルで覆うことまではしなくても良いという先生からの指示でようやく通常生活を送れるようになりました。と言いましても隣にいるシンバルくんとの間にだけはタオルで仕切りをしてお世話後の消毒やハーモニカちゃんを触れた後は必ず人間も手を洗うようにしています。これは他のうさぎたちを守るためにしています。

IMG_5333.jpg
《先日の写真撮影にて》

トレポネーマ症は症状が出ていなくても意外と健康そうに見えるうさぎでも感染している場合があります。ハーモニカちゃんは母子感染ではないかと思いますので防ぎようにありませんがうさぎ同士鼻でツンツンしたりマウンティグなどで簡単に感染してしまいます。うさんぽや撮影会などでうさぎを並べて写真を撮るなども実はとっても危険なんですね。犬や猫のように予防接種などの義務がありません。むやみにうさぎ同士の接触は色んな理由でリスクがあると思います。

こういった病気であるので、ハーモニカちゃんは終生単独飼育してくださる里親さんを希望しています。人間に感染することもありませんし、症状が出なければ健康なうさぎと何ら変わりなく過ごすことができます。



S__62046213.jpg
先日・・・

部屋んぽでケージの上に乗ったハーモニカちゃん。ケージの上に乗るのは元ピアノちゃんぶりです。可愛いいびきをかくところもそっくりです(笑)

_DSC0900.jpg

危ないのでやめましょう〜!!

里親募集中 ハーモニカ♀

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ



【里親希望の方(譲渡条件)】http://savetherabbits.jimdo.com/里親希望の方/
【お問い合わせ】http://savetherabbits.jimdo.com/お問い合わせ/



Theme: 里親募集 | Genre: ペット