SAVE THE RABBITS(アドレス変わりました)
わたあめちゃん♪ 
2017.07.09 Sun 20:12
しらたまくんに続き今日はわたあめちゃん♪
DSC09039.jpg

わたあめちゃんは、少しこわがりさんかな?と感じています。
まだ小さいので人に慣れてないのもあると思いますが・・・
DSC09067.jpg

しらたまくんは、サークルに入る周りをぐるぐる回ってくれますが、わたあめちゃんは一定の距離からこっちを見ている感じです
でも、これからたくさんコミュニケーションをとって、仲良くなっていきたいなと思います!

DSC09057.jpg
そして、こちらでわたあめちゃんの良さをたくさんお伝えして、わたあめちゃんだけの家族が見つかればいいなと思っています


まだまだ子どもなので遊ぶのも、とっても元気でほとんどノンストップで遊んでいます
子うさぎらしい動きもまた見ててとても可愛いですよ
白ロップイヤー「ほいっぷ」お見合い 
2017.06.13 Tue 00:01
IMG_3051.jpg
先日保護されたばかりの白ロップ兄妹3匹のうち女の子のほいっぷちゃんとわたあめちゃんのお見合いがありました。里親希望者さんは女の子でというご希望でしたので2匹を実際に見ていただきました。


IMG_3050.jpg
2匹ともとっても元気でよく食べよく動き、すくすく成長していて元気に走り回る姿を見ていただきました。まだベビーファーでまだまだ赤ちゃんの動き。とても可愛い時期ですね。


IMG_3058.jpg
希望者さんはまだ若い方でおうちで女の子のうさぎさんがいてること、その子がまだ半年未満の子だということも心配のひとつではありました。「可愛いから」や「可哀想だから」といって同年代のうさぎを多頭していて結局崩壊してしまうケースが事実あります。うさぎの多頭飼育というもの、将来のこと、相性が合わないかもしれないこと、お世話について、飼育費や医療費についてもお話しました。

メルマガでも書いてありましたが・・最近はインスタやTwitterから「里親募集」を知る方もずいぶん増えてきました。私たちのうさぎ飼育についての考えはブログやホームページでは書いてあってもTwitterやインスタなど簡易的なものには記載していません。ですので面倒なやりとりが億劫になる方もいらっしゃると思います。トライアル制度が面倒、すでにうさぎを飼っているから大丈夫!という考えの方もいらっしゃいました。

大切なのはどれくらいのお気持ちで保護うさぎたちに向かい考えてくださっているか。
どうぶつを飼うということ。一緒に暮らすということ。

IMG_3056.jpg
そして私たちとどれだけ信頼関係を結べてコミュニケーションを取っていただけるのか。。
そのためにはお互い尊重して信頼できるような関係にしていくためやはり時間も必要になってくるわけで・・。


IMG_3054.jpg
お見合いでは2匹を見ていただきましたが、家族と充分話し合いをされ、「ほいっぷちゃん」のトライアルの希望をお申し出いただきました。スタッフやお見合いに参加していたボランティアさんにも意見を聞いたりしながらこちらでも充分話し合い、心配なところや不安なところは希望者さんにも正直にお伝えしました。
里親希望者さんもとても正直で勉強熱心な方だと思い、トライアルを開始させていただくことになりました。

ほいっぷちゃんは3兄妹の中でも一番身体も大きく主張が激しい子です。
こんなにも早く希望してくださる方にめぐり合え、ラッキーな子ですね

近日トライアル出発します





メルマガ会員募集




新規 ロップイヤー3匹(ブルーアイドホワイト)を保護しました。 
2017.05.22 Mon 04:01
現在トライアル中のオビくん、ヨモギくんが続き14匹となったうさぎ部屋でしたが新たに3匹が増え現在17匹の保護うさぎが暮らしています・・・。昨年の終わりほどからステイシーちゃん、シュガーちゃん、こたちゃんと古株チームが続々と卒業し、決して決まらないわけではないのですが次から次へと新しいうさぎが続くのもあって、結果的に数は増加中です。

先日、SNSでは保護したことをチラッとお知らせしておりましたが土曜日に3匹を連れて病院へ行き、メディカルチェックを受けて参りましたので改めて新規の子たちについてご報告です。



ここ最近ひどく多い「多頭飼育崩壊」パターンでの引き取りです。
今回崩壊した現場では猫、うさぎが台湾マッサージのお店で飼われておりました。だいたいマッサージ屋さんで動物を飼っているということも不思議で仕方ないのですが、外国の方です(台湾人?)

S__72400924.jpg
猫の方の数は把握しておりませんが、猫は猫のボランティアさんが引き取りをしてくださりました。今回はいつもお世話になっている猫ボランティアさんの方から「猫のほかにうさぎもいる」とお声がかかり言って参りました。

S__72400923.jpg
猫の方はベビーが生まれていて、うさぎは8匹いたそうですが私たちが行った時には白ロップの3匹だけが残っていました。どなたに引き取ってもらったのかも不明ですがほかの人5匹は引き取られたそうです。
どこでどうしているかは分かりませんが・・・幸せに暮らしていると思いたいところです。

この3匹はこちらのマッサージ店の近隣にあるペットショップで購入したとのことで恐らく兄妹。
こちらのお店は猫のボランティアさんが行政の方に連絡をしてくださったので、近日にも視察に入っていただくことが決まっています。保護した白ロップの3匹は生後2ヶ月〜3ヶ月ほどの仔ウサギで一度にたくさんの数を売り、そして短期間で崩壊してしまうような方に売るという何とも無責任な話ですのでそういった指導に入ってもらうことになっておりますが、だからって今後そのペットショップがどのように改善していくかはわかりません。。

S__72015876.jpg

うさぎたちはザク切にされたキャベツを食べていました。フードは先日SNSでうさぎに適してない(言ってしまいました)ミックスフードを与えていました。牧草は主食と当たり前になっている時代だと思っていますが、うさぎに牧草をあげていない人はまだまだ多くいるそうで、この子たちも食べたことはないそうです。

牧草を食べたことがないといえば、譲渡したこたちゃん(現 萌萌ちゃん)もそのひとりでした。
この子たちはまだ仔ウサギだということが幸いしたのか現在3匹とも牧草は食べています。
結局こたちゃんは牧草は食べることはありませんでしたが・・・・


この子たちは保護されなければどこへ行っていたのでしょうか。
また保護されて命がつながり、良かった良かった。で終わりでしょうか。

問題はここから、ですよね。



こちらの3匹写真で見るより思いっきり小さいです。
IMG_2650.jpg
保護した当日↑

IMG_2655.jpg

でも人間が抱っこすると比較されるので分かりやすいかと思いますが、、

IMG_2659.jpg
Sakagamiさんが抱きかかえた時です。

IMG_2660.jpg
この子が一番小さい子です。

IMG_2772.jpg
こちらは別の子ですがいつも爪切りやグルーミングをしてくださる方に抱きかかえられた時の大きさです。
わかるかな・・

IMG_2732.jpg

それでは紹介していきます。

↑仮名 しらたま くん (睾丸うっすら見えてるぐらいで下りてきてないほど)
体重 540グラム


IMG_2740.jpg
↑仮名 わたあめ ちゃん 女の子
体重 760グラム


IMG_2743.jpg
↑仮名 ほいっぷ ちゃん 女の子
体重 920グラム

ホーランドロップではないと思いますので将来の体の大きさは未知ですが足や耳の大きさからしても、そこまで大きくならないかなと思っていますが大きさの定義が人それぞれなのでそこは「将来の大きさはわかりませんよ」という具合ですね。里親を希望する方も仔うさぎで可愛い!という思いがあると思いますがその辺りのこともご了承願いますようお願いします。

3匹ともに、ノミダニはいませんでした。
門歯・臼歯共に異常なし、
よく食べている(触診)
耳の中も綺麗。
外傷もありません。

ただ女の子2匹に比べ男の子の「しらたまくん」だけとても小柄で弱々しいところがあります。親といる期間が恐らくとても短かった3匹たちですし、母親からの母乳や兄妹だけになった時もあまり食事を摂れなかった可能性があります。まだ保護して間もないですしこれからも少し心配なところはありますが、今はとにかくよく食べて育ってほしいと思っています。女の子たちはとってもよく食べていて元気一杯ですよ!

長くなってしまったので、それぞれのうさぎの詳細はまた後日〜


今回のような保護うさぎについても含めて、6月4日のうさぎ革命は保護うさぎについてのお勉強会です。
アドバイザーのリバティの藤田さんも紹介の記事を掲載していただいていますので、お話いただく概要などをぜひごらんくださいませ  一般社団法人リバティ(うさぎsummitブログ)

勉強会一部は申し込み制です。応募はコチラ